CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

クローバーの会

時代の変化は表向きのもので、私たちのこころの趣きは実は普遍的で、
大切なものは大切であると認識して消えない!!と思いたいのです。
だからこそ、「声」を「ことば」を皆様のお耳にお届けしていきたいのです。
携帯落としちゃった
201202051136000.jpg
沼津駅で、ホーム向い側のできごとでした。

売店でペットボトルを買った男性が「あっ!」
カチャンという音。携帯電話を線路に
落としちゃった。しばし固まる男性。
よく見るとまだ若い。どうするのかな?
売店のおばちゃん二人も、私の傍にいる
乗客たちもその後の成り行きに固唾を飲む。

男性はホームを見渡す。
次の電車に乗り込む車掌が歩いてきた。
男性はこのできごとを線路に落ちた携帯電話を
指差しながら落ち着きなく説明する。
駅員の詰所に行って事情を説明するよう
促されたらしく、男性は走って私の視界から
…消えた。

それから二分後、貨物列車が通ってしまった!

携帯電話は?!

売店のおばちゃんたちが
「あぁー、落ちたとこがよかったよぉ。
枕木と敷石の間に入ってるから壊れないで
済んだよ。」しかし当の男性は戻って来ない。

また電車だ。熱海行きが通った。やっと男性が
戻ってきたが、不安そうに携帯電話を見つめるだけ。
私の傍にいる乗客たちは
「早く連絡してくりゃいいじゃんなぁ。何やってんだかなぁ。」
ぼやく人、数名。
また熱海行きが…。
やっと男性は落とし物を拾ってくださる
【役割】の駅務の人を連れてきて、無事
携帯電話は持ち主の手元に還りました。

全てのストーリー完結まで、およそ10分の出来事を
私は線路を挟んで見物していたことになる。

それにしても三本の列車が通り過ぎても
壊れなかった、偶然の落とし方に拍手を送りたい。
無事で良かったね。
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
座右の銘
今日の成果は過去の努力の結果であり、未来はこれからの努力で決まる。


京セラ稲盛氏の名言である。
私たちの周りにはよくよく五感を
働かせると、素晴らしい言葉が存在し
私たちの心を揺り動かすような
振幅を内在させていると思う。

ただ歌だと思って聞き流しているのと
歌詞に耳を傾けてみるのとでは
全く違った受け取りになる。


耳に目にした言葉は私たちの心の襞に
棲み付いていつか太陽の元にデビューする日を
待っている。たとえ表に出ずとも、襞の
尾根や谷に無数の言葉が居て相性が合う言葉同士は
機あらば手をつなごうとしているに違いない。

日常の新聞雑誌広告メールラジオなど
多くの媒体のふとした一文やひと言に
私たちは勇気づけられたり元気をもらったり
することがある。何気ないようだが、実は
自分自身がアンテナを出しているから、
そこに情報が絡み付く。

私たちの心に残る一文は、おそらく私たちの
心を造り上げる梁や柱になっているのだろう。
私の心の柱には
「社会を明るくする」
「流した汗が自信となる」
の二枚の札が掛かっている。
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
人生の宿題

 
長く人生をやっていくと
そのときはそんなに感じていなくても
ふとしたときに思い出す出来事に
いつまでも拘ってしまっていたり
こころのどこかに重りのように残っていたり。

毎日は流れていくから
そのことだけに囚われている訳にはいかない。

しかし、一度引っ掛かりができたものは
容易に外れるわけは無く、虫歯に詰まった
お菓子のカスか、のどに刺さった小骨のように
どこかでチクチクとからだを刺激する。

そんな証拠に私は三十年近く前の出来事を
つい昨日思い出すことになった。

積み残していたことだ。

解決していたように感じたのは、あの時の一瞬で
解決していないことはその一瞬の後すぐに
感じていた。感じていたから、ふとしたとき
その時の光景が鮮明な画像で、蘇ってくる。

昨日、かかってきた電話は懐かしく
そして私の若かった日々と相まって
話をしていて危く涙が出そうになった。

それは「未熟」であった自分が背伸びを繰り返し
どこかで気持ちの破綻を誤魔化してしまった
記憶を呼び覚ましたからだった。

この「人生の宿題」は自分なりに
あのとき、自分が対処したことがらに
向き合わなくてはならない事実を暗示している。

そうだった。

気になっていたからこそ当時の記憶が芋づる式に
蘇ったのだ。もう一度、三十年という時空を超え
近々「人生の宿題」にむきあうことになるだろう。

きっと、私自身への自戒と残りの人生に
キーワードを提示してくれる瞬間となるはずである。

畏れていては・・・いけない。

| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雲は知っている
image.jpg
一時も同じ形で留まることなく
流れては合わさり千切れ
雲はたえず変化する

ちっぽけないさかいや
悩みなど、たいした問題
デハナイよ。というように

雲は知っている

地上のどこで何があったのか
いまの自分
24時間後の自分

どこで何をしたのか
どんな時間の過ごし方をしたのか

雲は知っている

あそこで転んで泣いている子の
転んだ理由も見えている

お天道様よりも近く木より遠く

雲は知っている

気付かれていないとほくそ笑む
人のずるさも

雲は知っているんだ
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
tsuki

201001282153000.jpg

小春日和の名残のままに
ふと目が覚めてベランダに出てみる
冷たいけれど穏やかな風に
白い月が天央で笑っていた
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |