CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

クローバーの会

時代の変化は表向きのもので、私たちのこころの趣きは実は普遍的で、
大切なものは大切であると認識して消えない!!と思いたいのです。
だからこそ、「声」を「ことば」を皆様のお耳にお届けしていきたいのです。
将来
 
先日、娘のクラスで
「将来の夢」なる文章を書きましょう。
という課題がありました。

予想通りで娘は【今は特にない】状態でしたので、
ムリに取り繕う必要は無いから、
その夢を見つけるために今やるべきことを
精一杯やるということで、いいのじゃないかと
アドバイスしました。

その後、娘なりに作文を仕上げ、
親からも一言ということで、ちらっと一言。


色々な生きかたがあることは、
娘が家に居て一番感じているはず。

父親(パパ)は20年近く勤め上げた公務員を辞し
大学に入り、国家資格をとってまだなお向学心強く
毎日フィットネスや病気に関わる勉強を
怠ることなく続けています。
母親(私)はやりたかったことの一つ、
教員を三年で辞し民間に入り、それでも飽き足らず
借金までしてスポーツクラブを経営し、バブル後は
自宅を事務所に依頼されたところへと
仕事に向かう日々を繰り返しています。
私の中には【運動】【健康】【からだづくり】という柱が
あってその枝葉で様々な活動をしていますから、
一環しているといえばそうも言えます。

娘はこんな家庭環境に在って、
将来の夢の道は一本しかないとは思えないのが
当然で、迷って当たり前の気がします。
けれど、
小さい頃から積み重ねてきたもの・やりたかったことは
やっぱり温めつづけるべきで、人とのかかわりは
大事にしなくちゃいけないことは、
おそらく肌で感じていることでしょう。


201010071013000.jpg

キンモクセイの季節になりました。

昨年もブログに載せましたが、
私は運動・健康の分野で生きていくと、
自主トレを繰り返しながら自分にも
言い聞かせていた時期がありまして、
正にキンモクセイの香りただよう路地を毎日
走りながら、将来をそんな風に考えていたのでした。

自分が煮詰まった時、

一体何をしたいのか、
どう生きていきたいのか、
何ができるのか、

そんなことをメモとして走り書きすることにしています。

その辺にある広告チラシの裏側であったり、
ノートの隅っこであったり、
このアバウトな性格ですからきちっと取りまとめることは
できないのですが、そうして、自分の心と
自分の環境を文字にしてみることで、
これまで幾度となく助けられてきました。

心の整理をすることで、できるだけ感情を抑えていく。

焦る気持ちも辛い思いも、文字にしてみると
他人に被害を及ぼさずとも済むことがある。

中学生頃からの私の常套手段です。

201010080723000.jpg

ああー、いい香りです。
路地で、青空の下でこの香りを感じるのがとても、
いいです。秋のよい日です。

娘は「昨日は久しぶりにお母さんとご飯一緒に
食べることができてうれしかった。」

そう言って学校に行きました。

最近は娘も息子も夫もそれぞれの生活時間で
動いていて、一緒の時間にいっせいに食卓を囲む
ことができにくくなりました。特に娘は夕食も学校で
給食のように食べますから、親と一緒にという回数が
少ないです。昨日の体育祭は、他のお母さん方に
「おうどんでも食べにいきませんか?」と誘って戴いた
のですが、お弁当も持ってきましたので。
と言ってお断りしました。
娘が一緒に食べようというので、娘のパソコン仲間の
お友だちと3人で。何だかべちゃべちゃしゃべりながら
お昼を過ごしました。そのお友だちのことも私なりに
把握でき、娘がいろいろないきさつを話しやすくなった
ようでした。大丈夫に見えても、思春期のお子様の
胸のうちもわが子含めて感じ取れたお昼ご飯。

私も一緒に食べることができてよかったよ。

ここでもキンモクセイが香りを放っていました。

201010071013000.jpg
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
もう一つの草薙体育館の思い出
 

image.jpg かなり前ですが、ある団体のある競技の全国大会を
草薙体育館で開催したことがありました。県の協会が中心で
洩れなく、私もお手伝いしていました。まぁこの団体だけでなく、
お手伝いはしていたのですが。

何回か顔を合わすうちに、色々なお話を
してくださった、協会の大先輩がいらっしゃいまして
大会の帰りに送って頂いたり、何人かでご馳走に
なったりしました。

しかし、私も本業が忙しくなり
県の協会とは疎遠になってしまいました。

しばらくは年賀状程度のお付き合いだったと
思います。もうすっかり記憶の隅にいってしまって
いたご恩ですが、意外なところで復活しました。

私の仕事先の介護施設に利用者様として、
いらしたのです。顔は見覚えがあります。
しかし、お名前を確認してお住まいまで
確認しなければ、勝手な推測になってしまいます。

あの、全国大会を運営した時の大先輩かどうか、
そうお会いして数分後には確信できました。

本当にその方でした。

考えれば、そうです、自分の年を考えれば
大先輩だってそういう年頃になっているのです。

その日、担当時間の最後に、そっと手を握り
「わかりますか?」と、お会いしたことのある
いきさつや今やっている仕事などを
かいつまんでお知らせしました。

記憶のつながりができたのでしょう。
正に大正解で、私のことを思い出してくださいました。
今後もご利用があるようです。

またお話できるといいなと思っています。
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
憧れの…
image.jpg
春高バレーのベスト8以上が出揃う草薙体育館。高校二年生の春はほんのあと一歩で準決勝を逃しました。
 
image.jpg
 
中学校の学校対抗陸上大会で、なぜかリレーメンバーに選ばれ、間違った人選のまま人生初めての陸上短距離用スパイクを履きました。
 
image.jpg
 
今は無いけれど、私が小学校のころは屋外プールがあり、灰色のコンクリート打ちっぱなしの壁がとても怖かった。
 
 
これも間違った人選で、小学校対抗水泳大会の背泳25メートルに出場しまたまた間違えて決勝に残ってしまった。
 
草薙競技場は思い出の場所。
 
小学校二年生と四年生のとき、母が左右それぞれアキレス腱を切断してしまったのも、ここ草薙競技場体育館。
 
 
いにしえの、あの日あの時が甦る、風がさわさわとなり、緑の奥に見える空が私をタイムトラベルへと誘う。
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雨と傘

 

雨の日でもあまり傘はさしたくありません。
やっぱり手がふさがるからでしょう。
そして、傘は持ち歩きたくないのです。
忘れてしまうから。さしたくない、持ち歩きたくない傘
ですが、何かにつけ、傍におきたい傘も。

201010010650000.jpg

小学生用よりも小さいかも。
半径45cmくらいかなぁ。

二台目の買った車についていたものです。

その車もとっくに下取りで買い換え
また買い換え、今は六台目の車になります。

車は手元に無いけれど
傘だけは残って、重宝しています。

もう、20年近くなります。
この傘と出会ってから。早いですねぇ。
時が流れるのは。

 

| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1964.10.1
 

1964.10.1
この日、東海道新幹線が開通しました。
そしてこの年、第18回夏季オリンピックが
東京で10/10-10/24まで開催されました。

記憶によれば、夢の超特急ともてはやされたような・・・
新幹線はオリンピックにあわせて、開発・開業したような
記憶もありますが。小さかったころの記憶はややもすると
ホンモノでなく、虚飾されている場合が多く
大体ニュースなども理解できていないようでは
おぼつかないというもの。オリンピックは見たような
見ないような。というのも、近所でカラーテレビは
我が家くらいで、何だかご近所さんたちが
連日いらっしゃって、私は大黒柱のかげからそっと
見ていたような・・・いや、それとも市川昆監督の
記録映画「東京オリンピック」を、のちにテレビで見たことが
記憶として残っているのかもしれないですし、
わかりませんねぇ。ホントはどうだったのか。


新幹線は、いまや当たり前に私自身の生活に入り込み
仕事・研修・旅行など、便利です。

お金で時間を買うのだ

そう、実感しています。

1964、いまから46年前。
新幹線ももうじき半世紀、日本を走ることになるのですね。



| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
バレーボール・昔の仲間

 

image.jpg

本日夕方6時過ぎに、
25年前のバレーボールクラブコーチから
電話がありました。
静火の打ち上げに向かっている時です。

埼玉県にお嫁に行ったヤスコと道でばったり会い、
みんなに会いたいと言うから会を設けたので
できたら行って欲しい。旨の内容でした。

25年も経っていたのですね。懐かしい!!

ここで会っておかなければ、
次は無いかも知れないという予感が働き、
9時過ぎに顔を出しに行きました。

監督もみんなも、年はとりました。
が、会えばあの頃に戻ります。
連絡をもらえてよかった。また、会えるよね。きっと。

| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
体育祭・運動会



201009082159000.jpg  しらとりの飛ぶ如く

皆さんの学生時代は体育祭?運動会?

運動の種目中心か、記録会のように
クラス対抗戦・色別対抗戦か、それによっても
呼びかたが違うように思いますし
小学校なのか中学校なのか、あるいは
高校・大学・地域・職場
それによっても違うように感じます。

10/10は体育の日と
決まっていた頃よりも、今は春に開催されたり
学校行事の忙しさによって流動的ですね。

三省堂「辞林21」で引いてみました。

運動会・・・大勢でいろいろの運動競技や遊戯を
       楽しむ会。

ナルホド。


体育祭・・・項目がありませんでした。
で、「体育」を引いてみました。

体育・・・運動や体操により、健康の保持増進と
     体力の向上をはかるための教育・教科。
     知育・徳育と並び教育の重要な一側面をなす。

ということは、「体育祭」は教育の一環と言えますか?
息子も娘も体育祭の練習で疲れています。かなり。

昨日は娘がリレーでみんなの脚を引っ張ってしまった、
そう言って、迷惑かけないようにしたいよ。
と、今朝は出かけていきました。

息子は組体操の練習がきついらしく
あんまり話したがりません。加えて美術展の作品を
仕上げなくてはならないと、追い込まれつつあります。

とにかく、食事の準備とつぶやきを聞く
これだけしかできませんが、二人にとって最強の
応援隊でありたいと思っています。

| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
携帯電話ばなし


100828_123330.jpg   マツムシソウ   byしのぶ


午前中かかって、息子と娘の携帯電話の調子が悪い為
ショップに行ってきました。結果、息子は修理点検に。
娘は携帯をかえることになりました。両方、無料保証内
だったのですが、情報を移すのに大分時間がかかって
朝一番で出かけたのに11時を廻ってしまいました。


私からすれば、使いすぎなんじゃないの?
と思えますが、これも一つの友だちとの連絡手段。

高校生の頃、自分自身を振り返れば
友だちからの電話を待ちましたし
もっと前、小学校・中学校の頃はペンフレンドに
応募して手紙のやりとりもしました。
違う土地の人との交流もゆったりした時代でした。

交流するためにかかる時間がゆったりしていたから
お互いにじっくり向き合えた気がします。

今は1時間先のことも、いえいえ一分先のことも
携帯電話やメールで報告し合える。
もしも、この時代に思春期を過ごしていたら
あの時のあんなすれ違い、こんなすれ違いは
なかっただろうな・・・とショップに出入りする人々を
見ながら、ふと思いました。

| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
朝の風景
 
新学期が始まり
子どもたちを見送る家族の
朝の風景も始まりました。

若い母親たちが子どもたちを見送った後
立ち話をしているのを見ると何だか
こそばゆくなります。

私は若い母親ではなかったし
送り出した後に、話している時間がなかった。

常に、普通に母親をしていない意識がありました。

学校の参観に行っても
一人蚊帳の外に居る感じで浮いていましたね。

娘の父母の皆さんには今もそんな感覚です。

息子のほうは、同じ年くらいの人が何人か、
中等部から通ってくれているので
母親としても学校に慣れているから
違和感がないのかもしれませんが。

小学校のことは、もう、何年か前の話ですから
終わってしまっていれば懐かしいだけです。

過ぎてしまったことは
嫌なこと・辛いことも思い出として
自分の心に包み込むことができます。

息子や娘が学校に居辛くなかったのかなぁと
それだけが心配でしたが。

二人とも就学してから今まで皆勤です。

母親らしいことができなかったかもしれないけれど
親子としての一番の自慢です。
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
習い事
 

皆さんは何か習い事をしていますか?

小さい時は何か習い事に通っていましたか?

私は3歳から近所のお習字に通っていました。
それから小学校四年生からそろばんとピアノに
行きました。そろばんは二級をとってやめ、
ピアノは中学校の部活が忙しくなってやめました。

お習字は小学校にあがるころ、父が教場を開き、
父に教えをこうことになりました。

小さい頃から行きたかったのは「バレエ」
でも、近所に教えてくれる所も無くて
母がバレーボール協会のお手伝いや
実家が農家だったこともあり、
送り迎えが難しいということで行けずじまい。

中学・高校と部活が忙しかったけれど、
お習字はやっていましたし、なぜか自分で
市民体育館のバスケットボール教室に申し込み
通っていました。上手くなりたかったんですね。きっと。
そのとき、どんな思いだったのか、
記憶に無い所が私らしいのですが。

大学にいってから、お茶やお華のお稽古を少し。
社会人になって静岡に帰ってきてエアロビクスを習い
スキューバダイビングの教習を受けたり、
話し言葉の勉強や心理学の講座に通ったり。
これは今の私の仕事に繋がるもの。

もっと楽しめるものに取り組みたいなと思っていますが、
現在は、これ以上は時間を作り出せません。

ダーツもビリヤードも先生につきました。
でも、私には向いていなかった。
とにかくタバコを吸う人が多くて「もうムリ!!」
って思いました。真剣にプロとしてやっている人も
いる種目ですが、なかなか遊びの域から
でることがむずかしい周辺状況です。


私はやっぱり文化的なものを、一つ習いにいきたいですね。

こう、心がゆったりできるようなものを。
いつになったらいけるかなぁ・・・。
| その他 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |