CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

クローバーの会

時代の変化は表向きのもので、私たちのこころの趣きは実は普遍的で、
大切なものは大切であると認識して消えない!!と思いたいのです。
だからこそ、「声」を「ことば」を皆様のお耳にお届けしていきたいのです。
<< 習い事 | main | 少し涼しく >>
公演後の練習日



第四回公演を終え
一日経って、メンバーがどんな想いになっているのか
そしてどんなアイデアが湧いてきたのか
きちんと反省会をもったのは初めてです。

今夜はちょっと熱に浮かされていた昨夜とは違い
それぞれが冷静な想いを持ってきてくれました。

これからも【ボランティア朗読】の形をとっていくので
施設をまわっていくのにあたり、メンバーは
できるだけ「厚め」にしておいたほうがよいこと、
語りべジュニアの発表の時にはもう少し人を集めて
あげたいし、また参加する人も増やしたい。

今回ご要望のあった作品は積極的にとりあげる。
など、前を向いたことばばかりでした。

私は娘から「宣伝が足りないんじゃない?」と言われ
考えました。この次にご案内状を発送するときには
「お友だちをぜひお誘いください。」の一言を添えたい
と思います。つまりお一人がお友だち一人連れてきて
くだされば、今回の二倍の人数となります。

そしてメンバーも最低三人は仲間を誘ってもらうこと。
今回は全て私がらみでしたから、
もう少し自覚を持っていただきましょうということです。

本公演はいらしていただくのと同時に、
自分たちの雰囲気を大事にする為には
自分を良く知る人に来てもらうのが一番です。

そういった意味でも【味方】に来てもらうのは大切なこと。
躊躇せずにお誘いしたいですね。


次回も楽しい公演にします。
どうかお楽しみに。

ご来場、ありがとうございました。

| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。