CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

クローバーの会

時代の変化は表向きのもので、私たちのこころの趣きは実は普遍的で、
大切なものは大切であると認識して消えない!!と思いたいのです。
だからこそ、「声」を「ことば」を皆様のお耳にお届けしていきたいのです。
<< 八時間に及ぶ演目 | main | 2020 >>
6月という

あんなに一生懸命に朗読慰問先を選定して、一月に一度は各所を廻っていたのは、フリーに動けるメンバーが居たからで、みんながそれぞれに仕事を持っているとなかなかフットワークが効かない。

 

6月という月は、そんな慰問が続いてチョッピリもっちーに負担を掛けていたという後悔を思い起こさせる。

 

もっちーが倒れたのはもっちーの頑張りに甘えていた自分にも責任があるのじゃないかと気持ちがザワつく。そんな6月中旬。

 

管理人でした。

| クローバー朗読 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://kuro-banokai.jugem.jp/trackback/6300