CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

クローバーの会

時代の変化は表向きのもので、私たちのこころの趣きは実は普遍的で、
大切なものは大切であると認識して消えない!!と思いたいのです。
だからこそ、「声」を「ことば」を皆様のお耳にお届けしていきたいのです。
<< にらやまなかまの朗読発表会 | main | こころにのこる >>
望郷
 あけみさんとmusesのなっちゃんと
小泉八雲さんの作品を佐野史郎さんと山本恭司さんが朗読とギター演奏で
コンサート風に仕上げた舞台に行ってきました。


2014120122350000.jpg


管理人は幼稚園のころに
こどものためのお話全集がシンデレラなどとともに実家にあり、
亡くなった曾祖母を相手にまた一人芝居のように
声に出しては忙しい父母のいない時間を過ごしていた。
怖さよりも不思議な気持ちで読んでいた「みみなしほういち」
の話で覚えていた名前。小泉八雲。


焼津とのつながりは八雲記念館の話題から顕在化し確信となり、
この夏からTPSの朗読、そして今回の朗読コンサートと
なにか次々に制覇している感。もしもまたチャンスがあったならば
小泉八雲がらみの何かに行ってみたい。


小さい頃からの記憶が蘇り、
自分の朗読や文化芸術関わりの原点を探れる気がしているので。


今回は小泉八雲さんの子孫、
小泉凡さんのわかりやすい講演もきけてとても良かった。

もちろん、佐野史郎さんと山本恭司さんの朗読コンサートは
言うまでもなく素晴らしかった。
今年の公演鑑賞の中でも秀逸でした。また次回も行ってみたい。
| 朗読+ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。