CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

クローバーの会

時代の変化は表向きのもので、私たちのこころの趣きは実は普遍的で、
大切なものは大切であると認識して消えない!!と思いたいのです。
だからこそ、「声」を「ことば」を皆様のお耳にお届けしていきたいのです。
<< 忘れられないフレーズ | main | 雨音に >>
行間を読む
 単に文章を読むのでなく、そこに表現を含んだ何かを見いだす。
そういう作業が朗読をよりいっそう深めて面白くしていく。
およそ文章の殆どはそうした「含み」があるとして芸術に関わると
更に心にしみる気がする。日本の四季にも同じような味わいを感じる。

2014112419160000.jpg
| 朗読+ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。