CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

クローバーの会

時代の変化は表向きのもので、私たちのこころの趣きは実は普遍的で、
大切なものは大切であると認識して消えない!!と思いたいのです。
だからこそ、「声」を「ことば」を皆様のお耳にお届けしていきたいのです。
<< 読んでみたい | main | A公演の仲間たち >>
昨夜の語りべたち
 
土曜日、日曜日のA公演関わりの労をねぎらい、
22日B公演の準備をしました。

のりちゃんはお仕事忙しく、水曜日には練習に来てくれます。

*****************************

15日に朗読してくれた皆様の中でも、
やはり読むものによって雰囲気が随分違うことを感じて
いただけたのではないかと思います。

聞き手がどんなメンバーであるのか、どんな集団であるのか、
それによって読む作品も違ってくる。

幼稚園児や小学校低学年に、太宰治や藤沢周平は難しいでしょう。

元気な人には大丈夫な作品も、疲れていたり病気が思わしくなかったり
身近にご不幸があったりしたかたには、辛く心の痛みを
増長することもあるかもしれません。
そんなことも読み手は考えつつ作品を選び、
読んでゆくことも大事なのではないでしょうか。

さて、22日のB公演ですが、13:30から怒濤のごとく6作品+2をご披露し、
15時からまるけんさんの歌と演奏の時間へと移ります。
皆様のお越しをお待ちしています。

選んだ作品たちはできるだけこの季節に合ったもので
大人が懐かしく思え、子供は楽しく聞けるものにしました。
| 朗読+ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。