CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

クローバーの会

時代の変化は表向きのもので、私たちのこころの趣きは実は普遍的で、
大切なものは大切であると認識して消えない!!と思いたいのです。
だからこそ、「声」を「ことば」を皆様のお耳にお届けしていきたいのです。
<< 一夜明ければ | main | 朗読の予定 >>
チャンスを生かす
 氷上の花

フィギアスケートの大会からはいつも目を離すことができない。

仕事でなかなかテレビを見ることができず
ラジオやインターネットのニュースで結果を見聞きするばかりの
生活ではあるが、その一瞬に全てをかける選手の熱い気持ちが
伝わってくるからそこがスポーツの文化たる所以だと思う。


今回、右すねを負傷して欠場となった高橋大輔に変わり、
出場となった織田選手は、はじめの4回転で転倒したが、
その後は何とかまとめ、フリーでの巻き返しに向けて
「しっかり切り替えて自分を高めていきたい。
いつやるのか、今でしょ!って。」
こんな言葉の中には何だかパパとしての決意が感じられた。
自分も仕事で代替講師を依頼されたことが何度かあり
その度に、見苦しくない代替役を意識した。
織田パパにはぜひとも頑張って欲しい。


スケートアメリカ、ロシア杯と2つのGPシリーズで優勝して
ファイナルを迎えた町田選手は、はじめのコンビネーション
ジャンプが2回転単発、後半の連続ジャンプも無効判定。
しかしここが大器の片鱗を感じさせるコメント。
「やっぱり人生はそううまくいかない。
成功だけではないから、失敗から何を学ぶか。
ここで失敗して良かったと思えるように
3位まで射程圏内だと思うので、頑張りたい」
失敗は次の成功を引き寄せるのだ。

下を向いて失敗を悔やむより、前を見て
成功に繋げていく。そういう心意気は
見習いたい。
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。