CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

クローバーの会

時代の変化は表向きのもので、私たちのこころの趣きは実は普遍的で、
大切なものは大切であると認識して消えない!!と思いたいのです。
だからこそ、「声」を「ことば」を皆様のお耳にお届けしていきたいのです。
<< おんどくマラソン | main | 今日 り・めっさで。 >>
制服

「制服」という文化は極めて日本的らしい。

自分が学生だった頃は、洋服のコーディネートに困ると
制服を着ていた気がする。今は制服もファッションの一部。

可愛らしい、あるいは素敵な制服だと感じる高校に
生徒は集まるらしい。ずっと前から変わらないままでも
素敵な制服はあるのにね。

息子も娘も三月までで
今着ている制服とはサヨナラ。
息子にいたっては、制服を着ることがもう無いかもしれない。

そんなことを感じてか、休みの日も
制服を着ている息子。
後もう少しで未知の世界へ飛び出します。

今朝も学校へと出かけていきました。

制服・・・はある意味思春期の思い出にもなります。
私の着ていた中学校の制服はマイナーチェンジ。
高校は男女共学になってしまって、跡形もありません。
 
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。