CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

クローバーの会

時代の変化は表向きのもので、私たちのこころの趣きは実は普遍的で、
大切なものは大切であると認識して消えない!!と思いたいのです。
だからこそ、「声」を「ことば」を皆様のお耳にお届けしていきたいのです。
<< 木版画展 | main | 演劇◎×△ >>
スクラム
201102132343000.jpg


子どものうちは、こうして例え喧嘩しようが
時が流してくれて、また遊べたものでした。

最近のお子様事情はどのようなのでしょうか。
少なくとも、私の教室に居るときはサラッと
喧嘩の後も、お互いに謝ればいいという
状況を設定していきたいなぁと。そして
できうれば、喧嘩でなくいきなり実力行使せず
ことばで、きちんときもちが伝えられるように
なってほしいな。と思って教室を開いています。

実は昨日、二年生の男の子から「先生、
この体操教室は誰がはじめたの?」
と聞かれました。私がはじめたよ。と
伝えると、「先生が考えたの?」と。
そうだよ。と伝えると、「ふぅーん、
すごいなぁ。」って。こういうことは、
10年続けていて初めて質問されまして、
普段はなかなか言うことを聞かないマイペースさんの
彼をみる見方が、この一言で一変しました。

子供同士、大人同士、大人と子供、指導者と
教室生。お互いにスクラム組んで週に一度
楽しい時間を作り上げたいと、強く思った
雨の日でした。30人、参加者の皆さん
雨の中をご苦労様でした。来週も待って
います。
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。