CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

クローバーの会

時代の変化は表向きのもので、私たちのこころの趣きは実は普遍的で、
大切なものは大切であると認識して消えない!!と思いたいのです。
だからこそ、「声」を「ことば」を皆様のお耳にお届けしていきたいのです。
<< くまさん手作り | main | 明日は年内最終練習日 >>
お年頃

 

201012200859000.jpg

 

中学生・高校生のころは、人との違いを探したり、
妙に強い美意識が働いたりして、
気持ちも大いに揺れるもの。

我が家でも中2・高2のお子ちゃまたちが
ご多分に漏れず、その感覚。

でも、なかなかいいなと思うのは、
比較して落ち込むだけでなく、
自分には何ができるのか、のものさしを
持っていること。そして、どうしたいのかの
前向きな精神が根底にあること。

私のお年頃のときは、見かけについて
ずいぶん気にしたことがありましたが、
高校生からバレーボールを始めたら、
そんなことより「人」としてどうなのかが大事。
夢や希望をもって進むことだ!!などと、
ちょっと青春論に傾きかけましたね。
そんなときから、「かわいい」「きれい」という範疇から
外れよう外れよう、逃げよう逃げようと
してきたように思います。
(だから芝居でも色気ゼロとダメ出しされるのだと。)

せめて娘には「見かけ」くらいは、女の子に
きちんと見えるようにして欲しくて、
小さい時からバレエを薦めました。
それが効を奏して、まあまあスッキリした中学生になり
母親としては喜んでいます。

息子には人に迷惑を掛けない気持ちと
相手を大事にすることを第一に
どこかで「男はハート」というところがわかってほしくて
17年間をつきあってきました。果たしてどうかな。
学校ではクラス一番のロマンチストという定評ですが。

これから、まだまだお年頃の悩みは
マグマのようにでてくるのでしょうが、
二人とも飽きずに学校を一日も休まず
(小学校から)行っているので、
それは誰でもできることではないから、自慢していいよ。
と励ましています。
一流高校・一流大学はムリでも、
何が人生において大事なことなのかを、
お年頃のときにたくさん人とであって
自分の引き出しにして欲しいと願っています。

そんな話を折に触れそこここに散りばめて、
買い物にでかけたり、お友達との対応についての
アドバイスをしたり、私の仕事を手伝ってもらったり。
今は子どもたちとのやりとりが面白い毎日です。

| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。