CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

クローバーの会

時代の変化は表向きのもので、私たちのこころの趣きは実は普遍的で、
大切なものは大切であると認識して消えない!!と思いたいのです。
だからこそ、「声」を「ことば」を皆様のお耳にお届けしていきたいのです。
<< 頭痛・肩こり・樋口一葉 | main | チャラくても。 >>
人生のステージ
 

201011050814000.jpg 

この先に何があるか、何が起こるか予測がつけば
人はつらいこと・悲しいこと・いやなことは回避できる
かもしれない。しかし、先が見えないからこそ
可能性があり、ある意味<賭ける>ことができるのかも
しれないと最近になって思うのです。

人生は一度だから、若い頃のおそれやいたみやくるしみ
といった感情は目減りし、それよりも未来の短さへの
閉塞感が人生の折り返し点を過ぎたあたりからは
人のこころを支配するようになります。

私とて例外ではなく
大学卒業後、目指した仕事に着くも人としての未熟さゆえ
三年で職を辞し、現在のような路線に方向を変えました。
学校体育から生涯スポーツへ、そして現在は成人を
中心に健康づくりの推進に努めています。私には何が
できるのだろう???いつも考えていました。

依頼された仕事は断ることなく引き受け、ただひたすらに
一生懸命に期待を裏切らないことを一番にしてきました。

人生の20歳まではどこかで管理下におかれ
30歳までは自分の位置を下調べし
40歳になれば少しは主張ができるようになり
50歳には世の中核の一端を担い
60歳には家庭も安定し
70歳ではまだまだ青二才と先輩方を見習い
80歳にしてようやく人生の楽しみ方がわかる

こういった人生のステージについて、私は仕事を通じて
様々な対象の皆様方から教えをいただき、最近ようやく
自分のペース調整ができつつあります。

ところが、実は身体は老齢期に片足を突っ込みつつあり
身体とこころ(精神面)のバランスを崩しやすくなっている
ことに気づくべき時期にも差し掛かっています。

一言でいえば、「ストレス」と処理されてしまいがちですが
失っていく焦りと、まだ何かに取り組めるはずだと言う
自負心の間で揺れ動く時期なのだといえましょう。

迷う・・・というより、揺れる、のですね。

精神面が影響して<自律神経失調症>といった
病気を患った方も多いことと思います。

こうして重篤な状況に落ち込まないように、先ずは
等身大の自分を把握していただいて「できるはず」の
意識で物事に対応するのでなく、できる限り冷静に
周囲の状況を分析し、ぼちぼちと対処するのが良いの
ではないかと考えます。焦りは禁物。そして40代以降は
体重を増やさない努力をして欲しいですね。様々な病気の
誘因にもなりますので。
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。