CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

クローバーの会

時代の変化は表向きのもので、私たちのこころの趣きは実は普遍的で、
大切なものは大切であると認識して消えない!!と思いたいのです。
だからこそ、「声」を「ことば」を皆様のお耳にお届けしていきたいのです。
<< 1000件目 | main | スズメガ >>
朝の風景
 
新学期が始まり
子どもたちを見送る家族の
朝の風景も始まりました。

若い母親たちが子どもたちを見送った後
立ち話をしているのを見ると何だか
こそばゆくなります。

私は若い母親ではなかったし
送り出した後に、話している時間がなかった。

常に、普通に母親をしていない意識がありました。

学校の参観に行っても
一人蚊帳の外に居る感じで浮いていましたね。

娘の父母の皆さんには今もそんな感覚です。

息子のほうは、同じ年くらいの人が何人か、
中等部から通ってくれているので
母親としても学校に慣れているから
違和感がないのかもしれませんが。

小学校のことは、もう、何年か前の話ですから
終わってしまっていれば懐かしいだけです。

過ぎてしまったことは
嫌なこと・辛いことも思い出として
自分の心に包み込むことができます。

息子や娘が学校に居辛くなかったのかなぁと
それだけが心配でしたが。

二人とも就学してから今まで皆勤です。

母親らしいことができなかったかもしれないけれど
親子としての一番の自慢です。
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。