CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

クローバーの会

時代の変化は表向きのもので、私たちのこころの趣きは実は普遍的で、
大切なものは大切であると認識して消えない!!と思いたいのです。
だからこそ、「声」を「ことば」を皆様のお耳にお届けしていきたいのです。
何についても

20190116_2796465.jpg

 

自分の尺度を持つことは様々な場面で必要なことでしょう。

 

しかし、気持ち、心の丈はどのくらいかを示すことは難しい。

 

物に例えることもあるかも知れないが、そんな程度にしか感じていないのかと逆ギレされそうなご時世です。

 

 

大事なことは大事です。

 

どのくらいかは言い表せない。

 

それは管理人にとってのクローバーの会であり活力広場でありにらやまなかまであります。

 

大切であっても時として、違う人が困っていたり立場が危うくなっていたら、この仲間を置いておいてもそちらを優先することがあるかも知れない。長い活動の中では、申し訳ない、と思う場面もあるものです。朗読の活動は続けます。ただその時その時で、お願いしたり頼ったりすることもある。それでも仲間として趣味として楽しみとして一緒にやっていってくれる方々がいてくださるのはありがたいことです。

 

何についても、自分はこれくらいとかこんなにとかは言えない。それはその時その時で環境が縷々変わるから。ただ大事なことは管理人にとってずっと大事です。シェイクスピアの言葉を畏れ多くもお借りしてしまいました。これは恋愛について紐解いているのだろうとは思いますが。。。

| クローバー朗読 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
声が合う

クローバーの会、真骨頂はグループ読み。

 

過去、いくつもの作品が思い出に残る。

 

今回の落語話も童話も、おそらく思い出に残る作品となる。

 

丁寧に仕上げていきたい。

| クローバー朗読 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
負傷後二日
腫れは引いてきましたが、まだまともな足の運びではなく、反対の右側にだいぶ負担がかかってきました。

養生しつつ仕事しつつ、なかなか難しい。
管理人でした。
| クローバー朗読 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
つないで117

あの日から。

 

テレビの映像が信じられなかったあの日から。つないでいきたいと思うようになりました。

小さかった息子には、その映像を極力見せないようにしました。自分でもショックでしたので。

しかし現実を映し出すニュースには耳を目を、自分自身は傾けていました。

同じ日本で起きている出来事でしたから。

 

誰がいつ何処で出遭ってもおかしくない地震大国。日本。

 

自分自身がその瞬間にちゃんと物事を判断できる状況にあることを願っています。

 

つないで。

風化させないのには忘れないこと、心しておくこと。

 

亡くなられた皆様の御霊が無駄になりませんように、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

| クローバー朗読 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
負傷
20190115_091443.jpg
昨日三島に出張の折に左ふくらはぎを挫傷し満足に歩けない状況となりました。全治三週間だそうです。

管理人はちょっと大人しくしないと、になりました。
とほほ。
| クローバー朗読 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
活力広場も。

20190116_2796467.jpg

 

大勢の皆様とご縁を受けている語りべたちクローバーの会。

 

活力広場の皆さんにも支えて頂いています。

 

ありがとうございます。

| クローバー朗読 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
市原悦子さん、ありがとうございました

日本昔話。

 

もしかしたらクローバーの会メンバーは常田富士夫さんと市原悦子さんが語るまんが日本昔ばなしに影響を受けてきたのではないか?と。

 

その点について話したことはありませんが、確実に市原悦子さんについてはのりちゃんとも共通な思いがあった管理人です。

 

飾り付けをしないナレーションと役柄に宛てた時の役を演じすぎない凄さをあらためて思い出しました。一種淡々としていても次回のお話もまた見てみたいという気持ちにさせてくれた。常田富士夫さんと天国でまた昔ばなしを語って欲しいです。日本の昔話を身近にしてくださった。市原悦子さん、ありがとうございました。

 

 

20190114_2795444.jpg

 

| クローバー朗読 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雪は降らないけれど

静岡は小正月から二月が寒い。

 

ここ数日も年末までの暖かさが徒になり、寒さが堪えます。

 

インフルエンザも流行とか。

しっかり動いてしっかり食べてしっかり眠りたいものです。

 

20190113_2794680.jpg

| クローバー朗読 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ガラガラ

ここ数日、朝起きると声がガラガラしていて、仕事先で声変わりかと揶揄されました。就寝中にちょっと部屋の乾燥が災いしているのかもしれません。加湿しないと。あと水分摂取し辛い仕事内容やアルバイト環境なので、工夫して水分摂取していかないと。です。

管理人でした。

| クローバー朗読 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
読み方

昨夜はあけみさんお休みだったので、ジュンちゃんと個人読みの練習をしました。

 

ジュンちゃんは作品を「哲学的に読む」か「講談師的に読む」かでとりあえず両方をやってみてくれました。次回、あけみさんに聞いて貰えたら良いかと思います。

 

管理人は作品を語っているのが、イメージ的に小学校低学年から中学年の女の子、という設定に考えましたので、管理人がその年頃の頃に何を感じたりどんなことに挑戦していたのかを思い出しながら読んでみました。

 

次の練習日は16日水曜日です。よろしくお願いします。

| クローバー朗読 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |