CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

クローバーの会

時代の変化は表向きのもので、私たちのこころの趣きは実は普遍的で、
大切なものは大切であると認識して消えない!!と思いたいのです。
だからこそ、「声」を「ことば」を皆様のお耳にお届けしていきたいのです。
手始めに
 パソコン用のブログテンプレートを変更しました。

今夜、クローバーの練習会で、管理人以外のメンバーにも
週に一度はブログを更新してもらうようにお願いしました。

文章や表現にも個性が現れると思います。

皆様、よろしくお願いいたします。

それからカテゴリーですが、
今夜から「クローバー」「活力広場」「にらやまなかま」の三つになります。
ぜひぜひアクセスのチェックし直しをしてみて下さいまし。
どれも朗読からのつながりです。

なお、管理人のつぶやきは
eshizuoka.jpの「からだづくり教室」と「remessa」
hamazoの「駿河の国/あーとdeフィットネス」
で閲覧できます。
| 朗読+ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
近々
 ブログを一新します。
準備かかるかも、なので、ちょっと中身もウロウロするかもしれませんが、朗読関わりのものだけにしていくように考えています。またお時間許す限り、おつきあいください。
| 朗読+ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
活力広場開催
 12/9火曜日、アイセルにて午後一時から活力広場を開催します。

2/7の座☆ろうどくに参加してみたい方は、
その雰囲気だけでも味わうようにいらしてみてください。

参加なさるみなさまの年齢層は幅広いです。
| 朗読+ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
朗読会のご案内
 今日、印刷しました。
2/7の座☆ろうどく
4/18の春なのに~

両方とも、クローバーの会が主催ではありませんが
また違った楽しさになるかと思います。

ちっちゃい黄緑色のチラシを見かけたら、ぜひぜひ
目を通していただきたいです。

2014120623220000.jpg
| 朗読+ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
こころにのこる
 
社会福祉法人にでむくことがままあります。

いつも思うことは、小さい頃の体験や経験が年齢とともに
深い思い出としてこころに根ざしていることを。

だからこそ、ふれあうときのリサーチは次へのステップ

一緒に過ごす時間が、良き思い出とともにふくらむように。
そんな朗読を出前したいです。
| 朗読+ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
望郷
 あけみさんとmusesのなっちゃんと
小泉八雲さんの作品を佐野史郎さんと山本恭司さんが朗読とギター演奏で
コンサート風に仕上げた舞台に行ってきました。


2014120122350000.jpg


管理人は幼稚園のころに
こどものためのお話全集がシンデレラなどとともに実家にあり、
亡くなった曾祖母を相手にまた一人芝居のように
声に出しては忙しい父母のいない時間を過ごしていた。
怖さよりも不思議な気持ちで読んでいた「みみなしほういち」
の話で覚えていた名前。小泉八雲。


焼津とのつながりは八雲記念館の話題から顕在化し確信となり、
この夏からTPSの朗読、そして今回の朗読コンサートと
なにか次々に制覇している感。もしもまたチャンスがあったならば
小泉八雲がらみの何かに行ってみたい。


小さい頃からの記憶が蘇り、
自分の朗読や文化芸術関わりの原点を探れる気がしているので。


今回は小泉八雲さんの子孫、
小泉凡さんのわかりやすい講演もきけてとても良かった。

もちろん、佐野史郎さんと山本恭司さんの朗読コンサートは
言うまでもなく素晴らしかった。
今年の公演鑑賞の中でも秀逸でした。また次回も行ってみたい。
| 朗読+ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
にらやまなかまの朗読発表会
 12/23午後二時開演、朗読発表会。
韮山時代劇場映像ホールで。

入場無料です。

2014120313560000.jpg

| 朗読+ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
聞き取る力
 小学校の頃より、聞いたことをまとめながら大意をはずさずわかりやすく文にしていくことが得意の管理人でしたが、そういう作業をしていないと能力も錆び付くものだと昨日の講演会を聞いていてつくづく感じ、真剣に自分に対してダメ出ししました。
1998-2000まで短大に入り、大学生活をもう一度味わったときには微塵も感じ得なかった「年齢」という壁、すなわち老いて行くことの焦りを突きつけられた感覚です。

大久保満男氏、平田オリザ氏の講演をもう少しまとめていますが、もしかしたらお話ししてくださったことのポイントがずれてしまっているかもしれないですが、申し訳ありません。
artな講演会の雰囲気だけでも味わっていただきたいかと思います。続きの講演まとめは、後ほど。
| 朗読+ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
活力広場
 今夜は月に一度の東部生涯学習センターでの「活力広場」
これから、どういう風に夜の部を盛り上げていこうかと、少し段取りました。

新しい年には、新しい募集の仕方や中身などの詳細を案内していきたいと思います。
何れにしても楽しい会にしたい。
| 朗読+ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
行間を読む
 単に文章を読むのでなく、そこに表現を含んだ何かを見いだす。
そういう作業が朗読をよりいっそう深めて面白くしていく。
およそ文章の殆どはそうした「含み」があるとして芸術に関わると
更に心にしみる気がする。日本の四季にも同じような味わいを感じる。

2014112419160000.jpg
| 朗読+ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |